2019年4月3日(水)

 最大の謎 「悲運のプリンス」金正男はなぜ殺害されたのか

2001年日本に不法入国した当時の金正男氏(写真:ロイター/アフロ)


 金正日総書記の長男であり、金正恩委員長の異母兄である金正男氏をマレーシアの空港で殺害したベトナム人のフォン被告が共犯者のインドネシア人のアイシャ被告に続き、来月にも釈放されるようだ。

 殺害を指示した首謀者らが事件直後に北朝鮮に逃げ込んでしまったため世界を震撼させた「悲劇のプリンス」の殺害事件は真相が解明されないまま幕引きとなりそうだ。

 北朝鮮は正男氏の殺害を否定しているが、当時、韓国の情報機関(国家情報院)がマレーシア当局に情報提供したところでは、暗殺作戦は総偵察局傘下の3局(海外情報局)指示の下で行われ、首謀者4人のうち、異国の女性をリクルートした30代の二人は外務省に所属し、50代の二人は国家安全保衛部に所属していた。フォン被告に神錠剤VXを渡した李・ジヒョン容疑者は元ベトナム駐在大使の息子であることも判明している。

 こうしたことからマレーシア当局は北朝鮮による組織ぐるみの犯行と断定するに至ったが、国家機関、組織による緻密に計画された犯罪にしては、実に数多くの謎を残した事件であった。例えば;

 その一、暗殺がなぜ、空港内でそれも白昼に決行されたのか?

 空港内は人の出入りが激しく、防犯カメラがあちらこちらに設置され、警備員も配備されている最も目立つ場所である。正男氏は2月6日にマレーシアに入国し、一週間滞在していたわけだから何も空港でなくても、確実に暗殺できる場所、チャンスは他にいくらでもあったはずだ。

 その二、殺人の手段としてなぜ、化学兵器(VX)を使用したのか?

 化学兵器の使用は国際法で禁じられている。戦争で使用すれば、「戦争犯罪人」と規定される。現に、化学兵器を使用したことで北朝鮮への非難が高まり、また米国はこれを理由に北朝鮮をテロ支援国に再指定した。VXでなくても、北朝鮮工作員の「七つ道具」の一つでもある毒針という手もあったはずだ。

 この他にも液体化した神錠剤VXを顔に塗られた正男氏は命を落とし、VXを手に塗って、正男氏の顔に塗り手繰ったフォン被告はなぜ、なんともなかったのか?フォン被告が犯行3か月前に韓国の済州島に行った目的は何だったのか?など数々の謎が未解明のままだが、何といっても最大の謎は、なぜ正男氏は殺されなければならなかったのか?に尽きる。

 正男氏が西側のメディアに「私は3代世襲に反対する」と語ったことが金正恩政権の怒りを買ったのか、それとも、父親の海外資産を管理していた金庫の鍵を渡さなかったからなのか、あるいは再三にわたる本国召還に応じなったことで疑心暗鬼となったのか、殺害の動機が今一つ不明だった。

 最も不可解なのは「キム・チョル」名義のパスポートが3ヶ月前の2016年11月9日に更新されていたことだ。それも一般旅券でも、公用旅券でもなく、外交官旅券であった。正男氏は金正恩政権発足(2012年)から一度も帰国していない。従って、パスポートは正男氏が行き来していた中国、シンガポール、マレーシア、ロシアのどこかの北朝鮮の大使館や領事館で本人自らが足を運び、更新したことになる。

 北朝鮮が早い段階から正男氏の命を狙っていたならば、トルコの大使館で殺害されたサウジアラビアのジャーナリスト、カショギ氏のように更新に来た時点で身柄を拘束して、密かに本国に強制送還させることも、あるいは監禁して殺害するか、尾行して居所を突き止めたうえで殺害することもできたはずだ。

 正男氏の最大の庇護者である父・金正日総書記が死去したのが2011年12月17日、父死後後見人として支えてくれた叔父の張成沢党行政部長(兼国防副委員長)が粛清、処刑されたのが2013年12月12日。正男氏が殺害されたのは父死去から5年2カ月、叔父が処刑されてから4年2か月後のことだった。少なくとも、北朝鮮は正男氏に旅券の更新を許可した2016年11月の時点では殺害するつもりはなかったとみるべきだ。となると、殺害を決断、指示したのはそれ以降となる。

 ワシントンポスト(3月28日付)によると、スペイン駐在の北朝鮮大使館を襲撃した金正恩体制打倒組織「自由朝鮮」のリーダーでもある在米韓国人のホン・チャンが再三にわたり、正男氏に接触し、亡命政府の指導者になるよう要請し、その都度断られていたとのことである。殺害事件の調査にあたった担当官の証言によれば、正男氏は殺害される2日前に身元不明の韓国人と会っていた。マレーシアの捜査当局はすでにこの韓国人がCIA関係者であると割り出していたが、ホン・チャンの可能性が多分に考えられる。

  (参考資料:「衝撃的な『駐スペイン北朝鮮大使館襲撃事件』の全容 )  

 同紙はホン・チャンやCIAが正男氏を亡命政府の首班に担ぐことに金正恩政権が危機感を覚え、「金正男除去」を決断、実行したとみているが、殺害動機としては十分だ。

 当時、CIAのトップだったポンペオ現国務長官はこの暗殺事件から5か月後の7月20日、コロラド州で開かれた安全保障フォーラムで「最も危険なのは(核兵器を)支配している人物で、最も重要なのは、そうした(核)能力から(使用の)意図を持つ者を分離することだ」と述べ、金正恩政権のレジムチェンジの必要性を強調していた。「北朝鮮国民は彼が去るのを切望しているはず」と確信していたポンペオ長官は6日後の26日には「(北朝鮮相手に)秘密工作を含む多様な作戦を検討している」と、実際にCIAに「打倒金正恩作戦」があることを隠さなかった。

 金正日総書記は「あの子(正男氏)は悪い人間ではない。ちゃんと面倒をみてあげるように」と妹の金慶喜(処刑された張成沢の妻)に遺言を残していたと言われていたが、父亡き後、また最大の後見人だった叔父も処刑され、叔母までも失脚し、事実上海外亡命生活を強いられた時点で正男氏の「命運」は決まっていたようだ。金正男氏を殺害したのは北朝鮮だが、殺害させたのはCIAと言っても過言ではない。